忍者ブログ

オンラインゲーム「C21」あらため「ロボ聖紀C21」あらためw「鋼鉄戦記C21」傍観日記-copyright(c) 2006 - 2009 CyberStep, Inc. All Rights Reserved.- サブゲのパニャ日記も開始 ©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved. Copyright (C) 1999-2008 GLANZ All rights reserved. Copyright © Appirits 2013 All Rights Reserved.
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[11/08 TI]
[01/17 壁|∀・)]
[01/14 たろ]
[08/24 壁|∀・)]
[08/18 たろ]

10.06.00:20

CB9


79395ac7.jpg








今回からクエストについて紹介していきます!といっても詳しく内容に触れるつもりはないのでご安心を
二次募集もはじまっているので、この紹介記事も12日までの命・・・それまでにミッションまで軽く紹介していけたらな、と。。。
二次募集参加者が合流の時点で、C21と変わらぬ記事内容で、のほほーんと更新するつもりです。
肩の荷が少しだけ降りそうでホッとしているかも。。。

では、いきますよー

上の画像でもあるように、惑星全体に複数の面が構成され、惑星をクリアしていくアクションゲーム、特にゲーセンとかの弾幕シューティングゲームのように、パワーアップアイテムをとり、ロボを強化していきながらステージクリアを目指していきます。
GPのようにPvPをするアリーナで、使用するアイテムを集めることにもなりますが、まだテスター期間中のためか、お持ち帰りできないようです。

bb102635.jpg








面を進むにはキーの取得が必要で、C21でいうDで石を取ってゲートに乗るアレです。
ただ、フィールドボスみたいな敵を倒さないとキーはあらわれないので、石だけ取って次に進むということは不可能です。
種類はブルーキーとレッドキーの二種類で、ブルーキーはノーマルコース、レッドキーは近道が出来るハードコースです。

b86a61cc.jpg


←こんなヤツを拾ったあとゲートを目指します




e69e1294.jpg

←こんなヤツ。レーダー表示では★で表示されます。面が進むとゲートがわかりにくい場所に設置されてくるのでアイテムを使って探し出したりします。





次にロボのパワーアップアイテムについて。
パワーアップできる項目は「HP」=体力、「ATK」=攻撃力、「WB」=ビット攻撃の性能(持続時間など)の3項目をUPさせていきます。

3df6f3ad.jpg


←こんなヤツです





普通の敵を倒すと、出てきます。

ac7b57e7.jpg


←取得後です。





今回はHPがアップするアイテムを取りました。赤枠も黄色の囲みを見てください。
ゲージが一つ増えていますね?ゲージは10段階あり、10段階を超えるアイテムを取得すると、☆の表示に変わり、さらにゲージを増やしていくことが出来ます。また、☆の数は3つまで増えるようです。

c9985b40.JPG


←赤枠の表示のような具合です





面が進むにつれて、トラップや、敵が強くなりますが、二つ目の惑星から極端に強くなっていきます。
なので、最初のポインのような惑星でブーストアップアイテムを可能な限りかき集めて第二惑星へ進まないと、イタイ目に遭います
二つ目の惑星以降ブーストアイテム落としやすいですが、集めている間に敵にやられるのがオチなので最初の惑星である程度集める方が無難です。

また、各惑星間に、"アウトポスト"と呼ばれる次の惑星に進むか、それとも引き返すか選べるゲートが設置されているフィールドがあり、休憩できたり仲間と戦略を打ち合わせできたりします。

81f93ac2.jpg


←こんな場所





一応全滅すると、ショートカットキーにある持ち物は消えます。それまで貯めていたパワーアップ効果も消滅します。
左奥に見えている黄色いゲートに乗るとシティや基地に戻れます。その際、色々なパーツやアイテム(主にリペア)を持ち帰れます。

c427f5b0.png


←トラップです。紫は動きが鈍くなる効果です。色によって効果が違うみたいで全5種類あります。




7141d6cd.jpg


←キーをもっているフィールドボス的な敵。どうやらフィールドボスはC21にいない新規の敵のようです。面が進むと、いろんな敵がいて、攻撃もハンパないですw



こんなカンジでクエストをやっていき、アイテムを駆使して何面まで進めるか己の記録と限界に挑戦していきます。ロボに時間制限で強化してくれるようなアイテムもあります。なかにはオモシロイものもありますw
シューティングゲームに慣れている人は、かなり楽しめると思いますよ
そういう意味では、CBは"ネットで出来るゲームセンター"的な要素が強いです。
C21との決定的な違いだといえるでしょう。
二次募集で是非体験してください。

で、ここからちょっとテンション下がる話です。

クエストは今のところPTが組めない状態なので、団体行動するより、単独行動の方が絶対攻略が楽です。
協力しながら進むと効率が物凄く悪いです。イライラします。
酷い話、状況によっては見捨てて行かないと生き残れない状況もあるからです。さらに汚い話を言うと、ライバルを踏み台にしていかないと敵に囲まれすぎて進めない場面が結構出てきます。
実力のある、腕のある人たちは、100面近くまで達していらっしゃるようですが・・・わたしには時間的にも、実力的にも到底無理な話です

団体行動だと、必ず誰かキーのとりこぼしが出ます。私もよく取りこぼしました。
その人のために皆が同じ面に留まり、キー取得のために協力する。
すごくキレイな光景ですが、面が進み敵の攻撃が激しくなる状況になると、イタズラに味方を消耗させるだけで、かえって余計に迷惑をかけているだけになっているのが現状です。一思いに、味方を先に行かせて、自分はゲームオーバーになる方がマシかなと感じましたね。
それに、誰がどこにいるのか居場所確認できる手段もなければ、ヘタに連携とろうとすると、早死にします。
クエスト中にチャットも出来ますが、C21のようなチャット表示ではないので、どこまで離れた相手に聞こえているのかナゾです。

で、現在わたしが出した要望として・・・

・PT機能のテスター期間中に実装すること。
・機能として、C21の機能を最低限組み込まれたものであること。
・PTメンバーの誰か一人がキーを取得すると、その効力がメンバー全員に行き渡ること。
・ブーストアイテムの効果もPTメンバーにも適応されること

のような要望を出しています。
たぶんこの要望通らないと、団体で協力する意味もないクソゲーになり兼ねませんし、わたしは正式サービス開始後に見切りをつけてプレイしないと思います。

実際、CBは蓋を開けてみれば、いつものCSのモロさを露呈している仕様になっています。
しかし、まだ試験段階である以上は、あきらめないで気になるところは根気欲よ~く意見を言うつもりです。
見捨てるにはまだ早いです。

最後に。

CBに当選しているのに、ゲームがつまらないからINしない、特に理由がないのにはじめからINすらしてない人たちへ。(複数応募している人にもですね。)

自分の思ったことをゲームに反映させる(つまらない部分をつまる部分に変える)大チャンスだと思えませんか?
CBテスターへ参加したくても、出来ない人が多くいるのに、その特権を放棄、乱用するような行為だけはやめてください。見聞きしていて不愉快に思える節があります。
たとえつまらなくても、テスターとしての最低限のプレイはしましょう。
これから、CBをプレイする人たちの礎となるのがテスターとしての使命、責任ではないでしょうか?
ちゃんとした理由でINできない、他の人に先を越されて要望などの意見言われちゃったとかいう人は、気にしないでください。

と、言ってみたいけど、根性なしなので、「ブログでこんなコトを思っています」的な範囲でとどまらせていただきます。
でも、同じ発言に同意する意見でもいいんです。意見多いと改善される可能性も高くなります。なんでも良いので、一回くらいは書き込みしてみちゃいましょうよ。参加意欲出てきますよ。
そして、ただの30分でもいいです。とりあえずINしてプレイを期間中だけで良いので、継続してプレイしてみてください。
わたしも、忙しいですがお風呂上りの一回、お出かけ前の一回というカンジでINしています。
クエストなんか最初の惑星だけクリアして、ゲートでさっさと帰ればどんなに苦戦しても10分以内で戻れて、そのままゲームを終われますね。
時間があれば積極的にロングプレイもしていますw

このブログをご覧になっている方たちは、無責任な方たちがいらっしゃらないコトを信じています

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら